任意売却で売られるのと競売で売られるのどっちがお得なのか?

任意売却と競売どっちがお得? 宝塚市での相談対応

先日、宝塚市で任意売却をご検討されているお客様から「任意売却で売られるのと競売で売られるのとどちらが得するんですか?」というご質問を頂きました。

どちらにしても家を売却しなければいけないので、それならば強制退去が実施されるまで住み続けた方が得なのでは?と思ってらっしゃる方も多いと思います。

ですので、ここで任意売却と競売のどちらが良いのか?という事についてお話していきたいと思います。

任意売却の方が高く売却出来る

まず、売却価格についてご説明致します。
競売になった物件は相場の約60~70%程度の価格で落札される事が多いです。
競売は転売目的で入札する不動産業者が多かったり、普通の物件と違い落札者にとって様々なリスクがあるからです。

  • 購入前に内覧ができない
  • 立退きをめぐってトラブルになる可能性がある
  • 銀行のローンが付きにくい 等々

しかし、任意売却ではこのようなことはありません。
買いたい人は、仲介する不動産屋さんからゆっくり説明を受けたり、内覧をしたり、普通の物件と同じ流れで購入する事が出来ます。
ですから競売のように極端に安い価格で売り出す必要はありません。
ただし、任意売却は売却期間が限られていますから、早く買い手を見つける必要があります。
そのため、相場より少し安めに売り出しを始めるのが一般的です。

 

ローン残高3000万円、売却相場が2500万円の物件の場合

「競売の場合」
売却相場の70%の1750万円で売却する事になり、ローン残高が1250万円残ります。

「任意売却の場合」
売却相場の95%の2380万円で売却ができ、ローン残高を620万円まで減らす事が出来ます。

以上の事から、売却価格においては任意売却の方が優位だといえると思います。

 

任意売却の方が売却後の計画が立てやすい

その他にも競売より任意売却の方が優れている点が多数あります。

例えば、任意売却の場合だと退去の日を購入者と事前に打ち合わせた上で決定する事ができたり、引っ越し代を確保できたり、さらに当社の場合は再起支援金として手元にお金を残す事も可能です。

又、プロに相談する事での安心感や、売却後の計画を一緒に考えていけるというメリットもあります。

住宅ローンの返済が出来ずお悩みの方は、ぜひ一度当社にご連絡下さい!